隠れ糖尿病になる最大の原因は毎日の食事です。では、どんなものを食べると隠れ糖尿病になってしまうのかと言うと、当然ですが血糖値の上がりやすい食べ物です。

砂糖

 血糖値が上がりやすい食べ物の筆頭は、なんと言っても砂糖、特に白砂糖です。

 

 砂糖の原料はサトウキビが7割で、テンサイが3割と言われています。サトウキビにもテンサイにも、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が含まれています。しかし、幾つもの工程を経て、これらを徹底的に除去して糖分だけを精製したのが白砂糖です。

 

 和菓子、洋菓子等のスウィーツ類には大量の砂糖が使われています。そして菓子パン、ジュース類。炭酸飲料などには500mlあたり角砂糖10〜15個分もの砂糖が含まれていますし、190mlの缶コーヒーには同じく角砂糖1〜3個分の砂糖が含まれています。よくペットボトルの炭酸飲料を一気飲みしたり、1日に何本も缶コーヒーを飲んでいる人を見かけますが、それだけでかなりの量の砂糖を摂取していることになります。

 

 しかも、砂糖は単に血糖値が上がるだけではなく、ミネラルの排出や悪玉菌の増加といった働きもあります。
 

ミネラル


 糖分そのものですから、極めて血糖値が上がりやすく、隠れ糖尿病や糖尿病予備軍にとって最も危険な食品と言えます。そして、砂糖はカルシウムやマグネシウム、クロム、亜鉛などのミネラルを体外へ排出してしまう働きがあり、毎日砂糖を取り続けると、体がミネラル不足を起こします。

 

 ミネラルの中でも、亜鉛とクロムは特に血糖値と関わりの深いミネラルです。
 亜鉛はインスリンの生成に関わり、不足するとインスリンの生成に支障が出ます。
 クロムはインスリンが糖分を細胞に取り組む作用に必要で、クロムが不足すると、いくらインスリンが分泌されても糖分を取り込めなくなり、血糖値が下がらなくなります。

 

 つまり、砂糖を毎日大量に摂取すると、それ自体が血糖値を上げるだけでなく、ミネラルを排出することで更に血糖値が上がりやすい状況を作ってしまうのです。
 

悪玉菌


 そしてもう一つ、砂糖は腸内で悪玉菌の餌となり、悪玉菌を増やしてしまいます。悪玉菌が増えることで腸内フローラのバランスが乱れ、それが血糖値を上昇させることが最近の研究で判ってきました。

 

 イリノイ大学の調査では、血糖コントロールと腸内細菌には強い関連があることが示されています。また、順天堂大学の研究チームは、2型糖尿病患者では腸内フローラのバランスが乱れやすい事を発表しています。

 

 腸の働きが免疫機能に影響を与えていることはよく知られていますが、血糖値のコントロールにも影響しているわけです。

炭水化物

 砂糖の次は炭水化物です。炭水化物というのは、糖質+食物繊維で構成され、主に穀物類や芋類に多く含まれます。

 

 具体的には米、小麦、トウモロコシ、小豆、ジャガイモ、サツマイモ、里芋等です。当然これらを原料とした加工食品も、炭水化物が多くなります。例えば、餅、団子、煎餅、うどん、素麺、ラーメン、パスタ、パン、クッキー等々。

 

 いずれも主食として、または定番のお菓子やスウィーツとして広く親しまれている物ばかりです。しかし、多くの糖質を含むため血糖値が上がりやすいので、隠れ糖尿病や糖尿病予備軍の方は注意して下さい。

 

 ラーメンと炒飯のセットなどは、昼食の定番ですが、炒飯は米を油で炒めていますし、ラーメンも麺は炭水化物でスープには多くの脂を含みます。また、コロッケやフライドポテトは炭水化物を油であげた物で、菓子パンは炭水化物に更に砂糖を加えています。毎日こう言った食事を続けていると、血糖値は下がりようがありません。

 

 よく肥満の人が「ポテトは野菜だから」と言う言い訳をして、フライドポテトやジャガイモサラダなどを食べている所をテレビの再現ドラマなどで見ることがありますが、こんな言い訳をしていたら絶対痩せませんし血糖値も下がりません。

お酒

血糖値が高い方は、お酒にも注意して下さい。糖尿病ネットワークによると

 

アルコールの飲み過ぎは、インスリンの効きが悪くなる「インスリン抵抗性」に直接に影響し、2型糖尿病のリスクを上昇させることも分かっている。

 

アルコール摂取はインスリン抵抗性を引き起こすだけではなく、食欲を亢進する作用もある。

 

アルコールそのものの作用のほかに、肝臓や膵臓の障害などのさまざまな因子を介して、血糖コントロールを困難にする。


引用元:糖尿病の人は「アルコール」に注意 飲み過ぎないための5つの対策

 

とあります。

まとめ

 血糖値が上がりやすい食べ物は、砂糖と炭水化物。

 

1.砂糖はそれ自体が血糖値を上げるだけでなく

 

  ・ミネラルを排出する作用がある
  ・腸内の悪玉菌を増やす

 

 事で、血糖値が上がりやすい状況を作る。スウィーツ類やジュース、コーヒーも大量の砂糖を使っているので注意。

 

2.炭水化物は主に穀物類と芋類に多く含まれる。代表的なのは米、小麦、小豆、トウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモ、里芋等。そして、それらの加工品である餅、団子、煎餅、うどん、素麺、ラーメン、パスタ、パン、クッキー等。

 

 しかし、砂糖も炭水化物も完全にやめると言うのは、ちょっと現実的ではありません。そもそも、血糖値が高い人は炭水化物や甘い物が好きなために血糖値が上がるわけです。そう言う人が我慢をしすぎたたために、逆に摂取量が増えてしまうリバウンドが起きることも珍しくありません。そこで、なるべく砂糖や淡水物の量を減らしつつ、糖の代謝に必要な栄養素や、吸収を穏やかにする食物繊維を摂るように意識しましょう。詳しくは、「隠れ糖尿病や糖尿病予備軍は何を食べる?。食事と注意点」をご覧下さい。

関連ページ

隠れ糖尿病は何を食べる?。食事と注意点
隠れ糖尿病の原因はなんと言っても食生活で、治すのも食事です。では、具体的に何を食べれば良いのか?、と食事の注意点をまとめました。